北海道 なずなの会:赤峰勝人 無農薬 無化学肥料 完熟堆肥 循環農法
北海道なずなの会について 赤峰勝人の循環農法
北海道なずなの会:お知らせ北海道なずなの会:活動レポート北海道なずなの会:塩の話北海道なずなの会:アトピー北海道なずなの会:リンク北海道なずなの会:お問い合わせ

HOME > 講演会 > 2007.4.21(土)赤峰勝人 講演会

< 新しい記事 | HOME | 古い記事 >

2007.4.21(土)赤峰勝人 講演会
[講演会]

赤峰勝人の循環農法

問い合わせ・前売り券申し込み先 一覧


農薬障害と土壌劣化、満身創痍の苦闘の果てに、

近代化学農業の殻を破った男、九州農民、赤峰勝人が訴える。

新しい農業と食の理想。その理想に向けての彼の実践の中に、

我々北海道の未来のヒントが在る。


農薬も、化学肥料も要らない。

雑草も、害虫も、神がくれた宝。

被害は、循環を正すための情報と肥やし。

本物のの追う業でこそ、本物の食が出来る。

本物の食でこそ、本物の人と社会が出来る。

今、社会は病んでいる。困っている。

これをどう立て直すか、ですね。


赤峰 勝人(あかみね かつと)
大分県野津町にて、無農薬、有機農法を40数年前から実践している。ニンジン栽培をきっかけに、土と生き物についての新たな発想をつかむ。「ニンジンから宇宙へ」「アトピーは自然からのメッセージ 」「循環農法」の著者。
 農事組合法人赤峰農場、なずなの会、(有)なずなジャパン、(株)なずなワールドを主宰する。
 野津町には全国から農業研修、健康回復のための農作業と食事療法を求めて多くの人が集まる。

http://www7.ocn.ne.jp/~akakatu/

と き: 2007年4月21日(土)13:00〜15:00
ところ: ちえりあ 6階 会議室
  札幌市西区宮野沢一条1丁目1-10
TEL 011-671-2200
地下鉄宮野沢駅下車、徒歩5分。駐車場あり。
※質疑応答の時間も設けております。
※定員200名様限り
主  催: NPO法人22世紀北輝行研究会
協  賛: 北海道なずなの会
前売り券: 1000円、当日入場券1500円

問い合わせ・前売り券申し込み先 一覧

[ 当日の詳細 ]

講演内容   21日   22日
  1. なずなグループが目指すもの
  2. 神草・神菌・神虫
  3. 土について
    • 人体は土のお化け
    • 理想とする土の分析値
    • 完熟堆肥と未熟堆肥 
    • 生きている土の条件
    • 死んでいる土の状態
    • ダイオキシン
    • 堆肥の作り方
  4. 玄米の素晴らしさ
  5. 塩について
    • 自然海塩はどうしてできたか
    • 塩について
  6. 陰陽について
  7. 原子転換
  8. 造血説
  9. 酸性食品・アルカリ性食品
  ちえりあ (札幌)   大きなかぶ(長沼町)
  10:00 会員懇談会
ちえりあ
3F 3号室
  10:30 なずなの会 
長沼懇話会 
  12:00 受付   12:00 懇話会終了
  12:30 託児受付      
  13:00 開演
ちえりあ
6F 会議室
     
  15:00 終演 休憩
質疑応答
     
  15:45 託児終了      
  16:00 北輝行
懇話会開会
     
  17:00 北輝行
懇話会閉会 
     
  18:00 交流会
(一般有料)
     



[講演会]

Edited by たわふ 2009-05-27 09:30:13
Last Modified 2009-05-27 21:03:38

< 新しい記事 | HOME | 古い記事 >



北海道 なずなの会:赤峰勝人 無農薬 無化学肥料 完熟堆肥 循環農法
お問い合わせ
Copyright © 2007-2017 北海道なずなの会. All Rights Reserved
Produced by Press328.com